美湖母湖

びこぼこぶろぐ

久々の大津

昨日大津(堅田方面)に行くことがありました

この近くとしか申せませんが40年近く前お世話になった方(故人)がおられました。商売して間がない頃など「腹へってないか?」といつも奥さんの手料理を頂いてました。息子のようにかわいがって下さったのになんの恩返しも出来ないままと思うと過ぎゆく時間、夢でもよいから戻ってほしくなるときがあります

こうしたネーミングのお店ってひと頃流行ったなあ~

毎日牛乳の工場。私達の世代ではCMで「まい~まい~まい~にちまいちに牛乳っ~」というのが記憶にありますが、もうひとつの飲料「ドリプシ」というのも記憶にあり、「ドリプシってなんのこと?」・・・常温保存可能飲料で、ドリプシ村の飲料っぽく宣伝していたのを思い出しました。ちなみにドリプシ村は現ジョージア(グルジア共和国?)のコーカサス山脈の近くの村の名前だそうです。当時のCMでは地球儀でソ連あたりを指さしていたような記憶が・・

このお店に入るのもほんと35年ぶりです。私の前いた会社から独立された方が起こした大津の会社の社長とこのお店でそば食べながらお話いたことがありました。その方と彦根の会社は喧嘩別れしたので前いた彦根の会社にしてみれば大津から品を分けて貰い彦根で商売すると言うことは「目と鼻の先」に大津のその会社の出先機関が出来ることなので大津に妙な恨みを増幅させないか心配で面会を求めたわけなんです。困られるどころか「うちの看板掲げて代理店ですと言わんばかりのセールスすりゃ良いじゃないか」と言われました。その発言で両者の溝の深さを痛感しました

数年前に閉められたスタンド。当時から比べると閉められる店舗の数、グラフで言うところの緩やかになりました。

この交差点にあった本屋さんもやめられて久しいです。大手の「〇U〇AYA]さん、あちらこちらでの閉店は時代なのかなあ~と思うことがあります。ここ大津は堅田でも閉められました。お客さんで「韓流」のDVDをレンタルしてみておられる方いらっしゃり、最近何見てるんですか?と聞いたら台湾や中国らしいです。もうすぐタイやプノンペンあたりにまで興味示されそれこそ「昨日借りたふたりのプノンペン(適当にそれらしく作ったタイトル)・・・泣けたわ~」とかの感想聞かせてくれるんじゃないかな~

守山界隈。同友でもあり得意先でもあった「かずちゃん」の家付近です。今来た道のとあるところに喫茶店がありまして彼とコーヒー飲んでいたらうちに来てもらっている問屋さんの営業と結構大きな問屋さんの営業とが来店。向こうはこちらに気づいていない様子でしたが親しく会話していた数ヶ月後、彼はその大きな問屋さんへ転職。そのあたりから同業での転職が盛んになりY社からM社、M社からG社、O社からG社、U社からY社とまるでシャッフルされるような状態が続きました。当然円満に話が進むはずもなく妙な噂が飛び交ったりもしました。有名な噂では「〇〇は転職する際にUSBに会社の顧客情報入れてそれを手土産に雇って貰った」などささやかれたりもしました。私はもし77歳まで生きることが出来たら自分のお金出して卸売の半生みたいなのを出版してみたく思います。でも77歳の頃に本屋さん・・・存在しているかなあ~


タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL