2021年1月19日

その続き

私にとっての懐かしい母校の続きで彦根の旧市街ををぐるっとまわった様子です

中央公園の隣にあるのは「金亀会館」です。昭和40年代だったかなあ~中国との国交が回復していたかも定かでないときここで「中国物産展」が開かれ竹で出来た小物入れや木彫りで斜め45度上を見上げた少女の置物などが売られていたのを思い出しました。

 

S田氏のお店と家。お店を立ち上げられたときイタリア、サンマルツァーノ産のホールトマトの缶詰を納めさせて頂いたことがあります。今もCB750Fを大切に乗っておられるかなあ~

昔の名で言う「東新町」・・・学校帰りにはいろんなお店があり見ているだけでも楽しかったです

お得意先へ納品

ここらは旧「水流(みずながれ)町」。今の白線部分が川でした。又、この近くにたこ焼き屋さんがあり、たしか3つで10円だったと覚えています。4年生の頃買いに行ったら6年生がその後大勢来て私の順番など無視して「おっちゃん!焼いて」と頼むのです。逆らえなかったのでひたすら彼らが立ち去るのを待ってたこ焼き頼んだらたくさんただで下さって泣けるほど嬉しかった事がありました。大将曰く「おまはん(あなた)が先や!と言うのも良かったがその場で6年生に睨まれながら食べるのも辛いやろうからおっちゃん何も言うたげなかった」とのこと。そういった親切さも含め今もかけて下さった思いやりは忘れないです

この鉄塔というか建物は昔の電電公社。NTTの時もしばらくは人がおられました。この建物の2階に食堂があり実家から近いこともあり食材を良く納品させて頂いていました。こうした通信機器大手に勤めている、もしくは勤めておられた方を7~8人ばかり存じてますが口をそろえて「電電公社・・・良い時代やったわ」と言われます

この交差点付近から城東学区でなく城西学区に入ります。城西小学校・・・そういや友人「やん」もその学校出身なんだよなあ~

夢京橋の通りをちょいと横に曲がると本町。

 

このお店もずいぶん前からやっておられます。よく友人「おくやん」とハンバーグやエビフライ食べたりしました。

この近くに友人「も~ちゃん」の実家がありました。彼の実家は散髪屋さんで、高校の頃髪をぴしっと決めてやれと彼のお父さんに頼んでパンチパーマにしてもらいました。ついでに私の気にしていたゲジゲジ眉毛を全部剃ったらえらい怖い顔に仕上がってしまいました。めがねも少し色がつていたのでみんなから「志賀勝」と言われたときもありました。その後普通の髪に戻しましたが変化と言えば友人「はっちん」、高校1年の時はリーゼントで3年生あたりではサーファーと言うこともありマシュマロカット風・・・いまのタレントさんで言うと「日村勇紀さん」のような感じになっていました。友人やんはさらさらのきれいな髪でした。最近会うと同じ髪でも「寂し~なって来てなあ~」の話ばかり。3人で例のひよこは生まれたときからの・・やってみようかなあ~ちなみに近所のかたもされていますが効果はあまり・・との事でした

滋賀大学経済学部。映画「偉大なるしゅららぼん」の学校でのロケにも使われたお堀などです。

このまままっすぐ行きベイシアで買い物。そのベイシアの場所にはかつて大きな繊維工場がありました。その繊維工場の給食物資を納品させてもらったりしていました。当時いわゆる炊事などされるスタッフさん、交代でされていたのか17歳前後の女性が頑張っておられたと思います。自分が17歳の頃など先ほどの話のような髪型気にしたり遊んでばかりいたのにと思うと当時23~24歳くらいの私。もっと真剣に仕事に取り組まねばと決意しました。でもその数年後、サラリーマンとして真剣に取り組むことせず自営業として取り組むことになろうとは当時の私・・・夢にも思いませんでした

城東小学校

東近江の能登川地区で商売営んでおります私、生まれは彦根市でして婿してこちら能登川におります。偶然って凄いもので今年に入って2人同郷の、それも同じ小学校の方がおでん食しに来店下さりたまたま出身の話で同じ城東小学校と聞いてびっくりしたりしています。定休日の今日、納品先が彦根なので思いでたどりつつ車走らせました

この近くに友人「つ~ちゃん」「じゃんさん」などがいていつも遊んだりしていました。じゃんさんも通信大手にいますが今年あたり定年なんだなあ~

この近くに住む「あきちゃん」も中々かっこよいバイク乗ってると友人「きし(これ・・・ニックネーム)」の弟さんから聞きました。その「きし」の弟さんが先日来店してくれたんです・・

久左の辻付近。

銀座商店街東側入り口の様子。ここらには家具屋さんがあったりしました。

幼い頃のこの付近の盛況ぶりを知る人も少なくなりました

途中元帽子屋さんのあった角を曲がり銀座裏に抜ける道を行くとかつては道産子のラーメン屋さんがあったりしました。この「らんぶる」さんも長くの運営ですなあ~んで突き当たりを

右に曲がればかつて映画館がありました。又、その向こうに私のおでんの師匠がやっておられたお店があります。今は別の方の経営ですが当時この界隈はすんごく盛況でした

左側にはパチンコ屋さんの裏口、友人「かっちゃん」の家が経営していたスナックとかがありました

そのかっちゃんの店から川沿いに下がると同じくスナックなどがありカラオケ屋さんなどもありました

その先にもカラオケ屋さんなどもあり、以前在籍していた会社の仲間とカラオケで盛り上がったりしていました。驚く事なかれ、翌日その在籍していた会社から服務規程違反と注意され、始末書書いたことがありました。もちろん会社終わってからでしたが、社内規定に「流行音楽などに興じてはならない」と書いてあり、その頃退職した元総経課(総務と経理の合わせたような課)H氏が自分が歌が下手なので腹いせに服務規程に追加していたらしく、始末書に「チューブのさよならイエスタデ歌ってごめんなさい」と書いてみたら社長「わしもこれはおかしいと思う。第一Hの音痴は桁外れであいつの若い頃笑ったからこんなことになってしまったんだ」とのことで、始末書、受理されることなく又なんのおとがめもなかったのを思い出しました

中央公園

この公園に昭和40年代後半にスケートが楽しめるようコンクリが一部で敷かれていました。当時は空前のローラースケートブームでみんな「やいのやいの」と滑っていました。やれ「東京ボンバーズ」だのとか言いながらでしたが当時のスケート靴は車輪の部分が鉄製で遊んだ後触ったらやけどしたりしました。

母校「城東小学校」の裏側。この裏側の今体育館あたりに当時は木造の「講堂」があり、今年に入って来店下さったお二人とも当時にあった講堂の床下に潜ったとかの話しに花が咲いたりしていました

プールも私たちが入学した頃に出来たのですからかれこれ50年近くあるんだよなあ~

当時の名称は「警察道場」。ここでやっていた武道「銃剣道」で共に汗を流したのがなんと来て下さった「きし」君達兄弟というのにはほんと驚きました。彼の兄さんとは仲良かってよくふざけて「ら~いっ!」とか返事して二人して師範の先生に怒られたりしました。ところが先生「なんやその浮いたか瓢箪のような振る舞いは・・・!」と怒られたのですが瓢箪が浮いているのを想像して余計に笑えてきて結局「木銃」で面越しですがたたかれたことがありました。こんな話し・・・彼と50年ぶりに出来てほんと嬉しかったです。やっぱ母校ってええもんです

<< 1 >> 1ページ中1ページ目