美湖母湖

びこぼこぶろぐ

配達の前に水を

配達に行く前に田んぼに水が適正に入っているか見に行きました。

あんばいよく入っていました

こうしたて蛇口をひねるように農業用水を出します。この水管理、普段はお義父さんがして下さっているので助かります

来月には麦刈り。ニュースではウクライナも麦刈りしておられました。砲弾が着弾し穴が空いた圃場。刈取も大変だと思いますし、私達はそういった危険を感じずに刈取出来るのも幸せだなあ~と思いました

灯籠は石が積み上がっているだけなので地震などがあるとこけたりと危険です。小学校の頃友達がふざけて灯籠に乗った拍子に倒れてけがし(軽かった)、翌日先生がふざけないようにと朝の朝礼で話しておられたのを思い出しました

道の駅にあるこうしたお店、トラック関係の方は道の駅の駐車場が広いので止めやすく、またこうしたお店でゆっくり食事が出来るので助かると話しておられました

トヨタハイエースの冷凍車(冷蔵車の時もある)。他メーカーにもよく似たのがありますがこのメーカーのが一番です。私の前いた会社にもあり乗っていました。その会社に入社した頃は冷凍車でも冷蔵車でもない保冷車に乗っていていすゞの「ファスター」というトラックでした。この車の利点(?)はベンチシートだったのでゆっくり昼寝が出来たことくらいでした。

写真見ているだけなら八幡工業か彦根工業か分らないです。ちなみにここは彦根工業高校で私の友人もこの学校に多く進学していました。ここで学んだことをいかして通信関係、土木関係、建築関係、電気関係の会社などに就職し第一線で活躍してこられました。そうした友人達も定年の話しなどするようになりましたが「技術」を持っている彼らはなお10年くらい会社にいてほしいなど各会社にとってなくてはならない存在とのことです。

今年は稲枝のこの隧道も能登川のも開通しました。そうしたいわゆる「オープン」もあれば彦根のスイスさんのように50年の歴史に幕を下ろされる店もあったりで寂しい話もあったりします。多分長浜、びわ、木之本方面の方ですと「レストランびわ」の48年の歴史に幕を・・が寂しい話なのではないでしょうか。ふたつの店にはそれぞれ思い出があり、思い出に振り返るときにその場所がないというのも寂しいものです


タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL