美湖母湖

びこぼこぶろぐ

火曜日の間に

定休日の今日の間にしておかなきゃいけないこと盛りだくさんで通常日の方が楽に感じるときがあります

入り口のこの矢印・・・妙に面白いです

この交差点の歩道なども広げられましたね

まずはとある書類提出のため商工会へ。

朝からいろんな物を仕込んだりしていたので打合せの途中眠くて眠くて・・・

このあたりに高校の同級生「しょうちゃん」の家があり数度寄せて頂いたことがあります。記憶間違っていたらごめんなさいですがお兄さんはホンダの往年の名車「S600」に乗っておられました

河瀬駅で見た貨物列車。一度この機関車内を見せて貰ったことがありました。この機関車の大半がモーターだったです。また同じ操縦席が前後にあり切り替えも楽そうだなあ~と思っていました。

実父の29日入院に合わせ打合せのため彦根へ。日曜と言う事で救急の入り口から入り手続きとなります。この近くに住む叔母に「お父さんが日曜に・・・」と説明に。ここから角日おきにお総菜など作ったからと父の元へ運んで下さいますのでお礼もかねて寄せて頂きました。

彦根市内旧町名「東新町」。新町とは違います。このあたり昭和の時代はいろんなお店があり下校時はそうした店を通って帰るのも楽しかったです。また昭和55年前後はこのあたりには8店舗ほど喫茶店があり大学生、商店主の人達で賑やかでした。先日得意先の大将とその話していたとき少しだけ世代が違ったなあ~と感じることがありました。学生街の喫茶店と言う歌なんて懐かしいねと言われ、もちろん知ってはいましたがリリースされた1972年は私は11歳だったので詳しくは分らなかったんです。その分石川ひとみの「まちぶせ」(1981年)とか同年に出された柏原芳恵の「ハローグッバイ」の話すると「あ~あったわな~」で終わってしまったりします。大将昭和24年生まれの方ですが喫茶が全盛の頃を懐かしむのは共通でした

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL