美湖母湖

びこぼこぶろぐ

大晦日PERTⅢ

除夜会に合わせ7時頃からお寺にて待機していました。まずひとりで雪解けから始めました

ゆきのこともあってか集まり・・少ないです

お焼香もあっという間に終わりました。となえるのはお正信偈(しょうしんげ)

私の大好きなくだり「往生安楽国~」これで終わりの合図のようにしか聞こえない煩悩寬珍

続いて庫裏でお勤め

こちらはショートタイプの賛佛偈(さんぶつげ)。

除夜の鐘の間お勤めしたこの場所で一息。やれ「息子がカーマに行くのに1時間以上かかった」とか「わしゃ今年で94歳」とかその間に鐘をついたりしながらのひとときでした。Mる君といろんな話が出来て楽しかったし、同年のHゆき君ともお話が出来ました。現在10時半頃、今年もいろいろとありました。来年は再びの「再」という字や追加で思いついた「蘇(よみがえる)」からもう一歩踏み込み縁(えん)を感じる事が出来ればなどと思ったりしています。それでは皆さん良いお年を

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL