美湖母湖

びこぼこぶろぐ

叔母のこと聞いて

実家のことなんですが叔母が入院したことを父から聞いたのですが、コロナ渦と言うことで見舞にも行けないしで親子してどうしたものかと話していました。ちなみに叔母は元気を取り戻し数日後には退院の運びです。で、彦根の実家に行くまでの道中でのことを小ネタっぽくお話しします

バイク屋さんしておられたと思われる建物の裏口付近、Sは多分あのバイクメーカーのSなんだろうなあ~

この白い建物、今は旅行会社になっていますが平成1桁頃はお好み焼き屋さんでした。おいしいお店で渡辺謙さん風の方がやっておられました。家内と交際中の当時よく食べに行っていました

一頃はやった例のステーキハウスの後に出来た焼き肉屋さん。こうした同業さんが後で入られる時「居抜き」の場合など改装費等も安く上がるので良いですよね。

このお店がまだやっておら仕れた頃、店の方と仕事関係で知り合いと言うこともありよく昼食べに行っていました。よく知るその方は私からは、小麦粉や白絞油を買って頂いたりしました。油、白絞油でなければいけない理由がありまして、サラダ油やオリーブオイルだと火が付いてしかたないと言うことがあるんです。

実家近くにあるこの建物、40~50年程前「アポロ」という店がありました。名の由来は例のアポロ11号にちなんだと伺っています。昭和30~40年代はこのあたりもすんごく元気でした。今や実家の通りなど「年金横町」などと言われてしまってます

その建物の近くにある市民会館。幼い頃に出来たこの市民会館は幼いながらにちょっとした「自慢」でした。で、この建物の地面、護国神社の持ち物と最近知りました・・・ちなみに取り壊しが決っているようで寂しくも感じま

このマンションのキャッチフレーズが時代を感じます。当時「棒だらが網(ネット)の中にありる部屋と言うことなんだろうか?」と知っているのに茶化すような事言っていたこと思い出しました。何でも時代というのは当時はやっていても今や「遺産」のような扱い受ける事って多いですよね。FAXもそうで、(記憶間違えていたら加筆訂正願います)イギリスでは20世紀の遺物としてタイプライターの隣あたりに飾られていると聞いたことがあります。時代遅れにさえ思えるうちの「おでんの美湖母湖」、そんな昭和人間の経営する店ですがどうぞくつろぎに来て下さい・・・今日は宣伝で締めくくります

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL