美湖母湖

びこぼこぶろぐ

久々の八日市

配達で久々に八日市に行くことがありました

とある会社の「祝賀会」に「お土産」としてうちのどら焼き、注文頂き会場に運ばせていただきました

会場はホテルの大広間で、かつて私も某団体の懇親会で寄せてもらったことありました。知人もここで結婚式挙げられたり親友「がっさん(2003年他界)」の妹さんもここで挙式されたりこの界隈の方はよく利用されています

この地区(八日市)は工場も多くこの近くの工場にもの「ぶちゃん」達も勤めています。

2時半・・遅ればせながらお昼をと思い入店しようとしたら「申し訳ありません、人手不足で本日はこれまでで終了させて頂きます・・・がっかりでした。でも、この付近の飲食店の人手不足は深刻と元高級飲食店経営者が言っていました

目の前のマッサージとかのお店、平成になりたての頃「〇ミズママセンター」と言うスーパーがあり、そこにスポット品を納品させてもらってました。社長は総菜など次の日には販売できない物など時間が来たら半値、もしくは70%引きにしてでも売りつくすと言っておられました。残したら捨てるだけ、価値はゼロ。それならば3割くらいの利益でも売るんよ~第一製造原価がおおよそ30%だから儲けてはいないが損もしていないし・・・勉強になりました。

この近くで友人「いっちゃん」が洋食屋さんを営んでいました。彼の作る絶品オムライスの味は今も忘れられません。又、食材でもお世話になっていましてそこで洋食材料について教えてくれたり加工の仕方など教わったりしました。

※場所が分るといけないので漠然とした写真です

私の仕入れ先で困った会社があり、私の納品するお客さんへ私に販売する品を私より安く(当たり前ですわな)持って行くのが常でした。「困るから・・」と言っても「社員が勝手に行った」としか言わないのでほとほと困っていました。世間話の中でついうっかり「〇〇店も流行っていて」などと自分のお客さんの名を出したら10日以内に営業が・・・2年か3年に一度なので忘れた頃にまるで「鎌をかける」ような会話・・その得意先も大きなお客さんばかり。当時大きな得意先だった彦根の〇〇学園もあっさりと持って行かれさすがに腹の虫が治まらないので逆にトラップ仕掛けてみたんです。「〇〇〇(八日市の店)は景気が良く、ましてや市長などもよくご来店」もちろん本当のことですが支払については・・・なんです。私もその年から「現金引き換え」のみの取引していました。支払いも含めこうしたのは長年商売していると空気でわかるんです。あるとき電話が通じず店に顔出したら店の電話代払っていなかったから止められていた・・・この店の経理、相当ルーズだなあ~と思いました。案の定私の仕入れ先がセールスかけて私の商品根こそぎ持って行かれたんです。店内スタッフから聞いたのですが、この会社の納品額、数百万と聞いて私には責任一切ないものの逆に申し分けなく思いました。で、その店昨年夏倒産、仕入れ先の役員さん責任取らされ降格と左遷。過去奪われた得意先から問合せ(もう一度出入りしないか?)」もらうが店舗運営し始めもう配達できないと丁寧にお断りしている状態です。昔の市場からみの問屋さんなら・・もうお宅の「守(もり)」できゃしませんわ・・ってなこと言っていたんだろうなあ~私の場合卸での取引なくなってもそこのスタッフさんからどら、チキン、来店頂いているので裏切られたとはみじんにも思っていないです

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL