美湖母湖

びこぼこぶろぐ

リズム戻せるかなあ~

昨年おでん屋始めて生活リズム、夜12時頃に就寝し朝7時半頃に起床していたのが1ケ月近くも休業しているうちに卸売を30年以上やってきたその生活リズムに戻ってしまい、朝は5時頃には起きるわ夜は10時頃には眠くて仕方なくなるわで10月からの再開、はやくおでん屋生活へとちょい焦っています

目が覚めてしまったのが4時半。これと言ってする事ないので切らせた洗剤でも買おうとちょい朝のドライブがてら出掛けてみました

少しづつですが明るくなるのが遅くなりつつあるように感じます。

このあたり、卸売始めた20歳代の若かりし頃各保育園に納品したりしました。N清紡さんにはことのほかお世話になり、食堂責任者のKさんにはかわいがってもらいました。その後その方が近所だと分ってびっくりしたことがあります。こうしたご近所でびっくりし思い出というと

この近くに住んでいたH村さんという可愛い女の子がいてその彼「むねさん」と当時交際中だった家内とで食べに行ったりカラオケしたりしていました。当時「俺・・・躰光寺に婿に行くんやわ~」と言ったら彼女、「旧?」と聞くのでそうだと答えたら「旧の在所なんて住むと苦労がたえへんで~!」とアドバイスくれたことがあったんです。さんざん田舎の事言っておきながら自分もその言っていた躰光寺の田舎の在所のど真ん中に夫婦して引っ越し・・・目が点になりました

この道路が開通して以前のくねくねした道を通らなくなりました。

もう40年以上前ですが下校時、たまに学校から駅に向かって歩いたことがありました。当時はもう少し商店街にも活気があったように思います。

衣類洗剤買うために・・・暇な男やなあ~

ここから見る景色。「能登川に帰ってきた・・・」と言った実感がわきます。彦根にいた頃は国道8号線佐和山トンネル抜けて彦根の町を見たとき彦根に帰ってきたと言う実感がわいたりしました。童謡に「故郷(ふるさと)」というのがありますが、さすがあの風景、景色は現在想像する方は少ないと思います。卸し始めた頃得意先の老人ホームでよくこの歌を皆さんが合唱されていました。時代と共に少し上の先輩方が施設に入る頃は加山雄三さんやグループサウンズ、私たちの頃はサザンとか永ちゃんとかになるのかなあ~

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL