美湖母湖

びこぼこぶろぐ

お休みに思うこと

昨日に引き続き今日もお休み頂いております。休んで家で各仕込みやどら焼き、スモークチキン製造していていろんな事思い出したり・・店のお酒で・・・毎度のごとくの独り言、付き合って下さい

冬、流れる川に思い出を運ばせ

あの人の嫁ぐ朝に私は何を思っていただろう

私のお店は麦100%です・・・どうもしっくり来ないなあ~

春から・・・

入院してから今年の3月で2年が経つわけです

※写真はイメージです

損なってから健康のありがたさが分るもので、この「疲れやすさ」は運動不足もあるのですがどうしたものだろう~春からウォーキングもそうですが体力付けるようにっと思っています。情けない話し昨年田んぼで「溝切」したら倒れるくらい息苦しかったのでとにかく日常生活、支障ないような体力作り・・・頑張りたく思います

独り言

スーパーで・・

歯磨き粉や歯ブラシの陳列棚に「あんこ置き場」・・?

こうしたソーラー、1108KWが凄いのか凄くないのかが分らないです

この会社は売上高1100億企業として君臨しておられます。私はおつきあいないですが大手顧客のニーズに合った「味」を提供なされる事でも有名です

んなこと言いつつうちの店舗・・・ほんと「しょぼい」なあ~

んで続き

続きっす

白鬚神社付近で救急車とすれ違い、その後神社を通過するとき警察関係の方々が多くおられました

警察車両などもあり、事故かなあと思いました。

この神社の前には国道161号があり、渡ることが危険なのでこうした台から景色を眺めてほしいと神社側はお願いしておられるのですが中々そうしていただけないんじゃないかな?

こうした道路、冬場の降雪時は道路から水が出るようになっています

私の生まれ育った彦根は先日雪で大変なことになりましたがその彦根の道路にはこうした融雪設備はなく、北隣の米原市からはあること思うと滋賀の雪も含めた分布図って不思議なものです。

覚悟して出た割には晴れてきました

この景色だけ見ればまるで穏やかなオホーツク海を眺めながらドライブしているようにも思えます

生活協同組合さん。かつては5人とかのグループで「班」を作り定時に配達するシステムで、皆さん協力し合っておられた印象があります。で、我々なら「お客さんに販売する」と言いますが当時彼らは「組合員に供給する」という言い方でした。供給という言い方ですと電力会社もそうで、この会社の人もこの団体の人も買って下さいなんて言ったことないんだろうなあ~電力会社の人も「どうぞ電気を買って下さい」と言った人、知り合いなどに30人ほどいるがひとりもそんな言い方した人知りません

野洲のとあるお宅へ。個人さんですし周りが写るといけないのでその道中(近道した)の景色です。その方は数年前亡くなられ、その法事に使うどら焼きをお届けにあがったんですがその方とは亡くなられるまでの30年ほど大変お世話になりました。独身の頃「知り合いに気立ての良いお嬢さんがいる」とよく見合いを勧めて下さったりでした。いわゆるよくいる面倒見の良いおばさんで、大津方面からの帰りなど「おなかすいていたら家に寄っていき~な」とご飯など食べさせて貰ったこともありました。それだけに亡くなられたと聞いたときはショックでした

こうした看板に書かれてある「ママセンター」・・20~30年前良く流行ったフレーズでした。八日市にも「〇水ママセンター」というスーパーがあったり今のようなチェーン店以外にも頑張っていた頃はいろんなキャッチフレーズで活躍していたスーパーがありました。「マイマート〇〇」って名店もありましたがここの社長は高慢で普通なら「ユアマート(あなたのお店)・・」と言うところ「わしの店じゃ!」と言うことでフレーズ変更したくらいですからここまで来ると個性的と言うより偏屈ですわなまた、彦根には車関連のパーツなど販売するお店の屋号、なんと「ディスカウント」・・・普通ディスカウントショップ〇〇なんだけどなあ~と英語苦手なあほ寬珍でも不思議に思う店もありました

こうした絵というか落書き、本人はアートのつもりかも知れないが迷惑なとき(大半)もあるので・・・それにこれは公共ですが私の知り合いで店のシャッターに書かれて大迷惑こうむった人もいまして・・・やめてほしいものです

今年の雪は重いです。これは愛知川沿いの道路で竹藪が左右にありますが雪の重みでこちらにぐにゃ~としなだれて来るのには困ります。この竹、放っておいたら数年内にこの道路も埋め尽くされると道路維持関係者の人が話しておられました。それだけ竹の生命力が強く、近所の方から「家に竹は植えると種類によっては家持ち上げたり突き破ったりも・・」と聞くとこのやっかいな植物・・・なんとかならないものかと思います

セーフでした

今日あたりから雪が降り積もるような予報が出ていたのでびくびくしながらの湖西方面配達でした

スタートした11時頃。ただの曇り空でした

湖周道路、近江八幡界隈はこんな感じです

ある程度覚悟してましたが琵琶湖大橋でこんな感じ

ここで気になるのはこうした長靴。大津で「そちらはひどかったようですね」と言われるのも嫌なもんです

ここ、屋号が変わったと言うことは店主(オーナーさん)が変わられたと言う事なんでしょうね。40年ほど前「M(頭文字っす)ナイトクィーン」というお店でした。そうした走り屋の団体さんもここ大津におられましたなあ~

大津の仕入れ先へ。この仕入れ先も私の前いた会社から37年前独立(分裂と言った方が正しいかも知れない)され今日に至っておられます。

いつも思うのですが明智光秀でおなじみの「坂本」。

お城は「坂本城」ですが所在地になると「下阪本」になったりで正式には・・・どうなんだろう?

こうした感じの昭和感漂うお店も令和時代にはかなり消えました。

このお店も元気なお店だなあ~おすすめ・・・スクートさんにでも聞いてみよっと

いつ見ても個性的な看板だなあ~

この宿泊施設・・・廃業になってから50年近く経つと思うんだが・・・誰が言い出したか・・心霊スポット・・・

このお店に車が数台。いよいよ借り手がついたんだろうか?

今日はお休みみたいです・・・ちょい店に忘れ物したので取りに行きます。この続きは後から・・多分明日にでも・・

定休日の独り言

これと言った話題はないです

車走らせ自分の体のこと考えてたのですが、当時契約していた保険会社にこうした状況(急性心筋梗塞)に関していろんなお金が下りるので申請しようとしたら「ダメです」・・・何故に?・・・「契約書にそう謳っていますよ」・・・契約書確認しても下りないとは記載されていない・・・とにかくこの書類出すよ・・ま~上(上司)がどう判断するか~・・まどろっこしいので本部に電話したら1週間以内におりました。「おりましたよ、契約書通りじゃないですか」・・「私・・・下りないと言いましたか?」・・・こりゃダメだ・・保険ってそんなもんだという方もおられますが、私の知る人などお客さんのこと考え日々勉強を惜しまない人もいるので・・・要は担当でこんなにも変わるんだと痛感しました

開店直前の店内。いつ見ても殺風景だなあ~

近江鉄道愛知川駅の様子。この近くに「愛知川高校」がありますが、私の中学の同級生はこの学校には進学している人がいなかったように思っています。母校彦根東中学からも受験出来る範囲でしたが時期的にそういうときが良くありました。また、彦根南高校(現翔西館高校)が商業科あるので八幡商業に行く人少なかったり八日市南より長浜農業、八幡工業より彦根工業・・今のような全県制でなかった時代、進学する範囲があったっての・・今の高校生は知らないだろうなあ~

臨時休業

本日1/9(日)は臨時休業とさせて頂きます。

今日は東近江市の成人式が行なわれています。

能登川地区の二十歳のつどいでは美湖母湖のどら焼きを協賛させて頂きました。

新成人の皆様、おめでとうございます。

寺っ!

今日も寺ですっ!

朝7時半にお寺へ

今日、午前中は住職が葬式に行かれたため住職の息子さんの奥さんがお勤め(お経を上げたり)なさいました。ちなみに写る掛け軸の方は「蓮如」さんでいらっしゃいます。親鸞さんとともに有名な方です。ちなみに今で言うところの「バツ4」っす・・

引き続き庫裏でお勤め。「二階堂ふみ」さんぽい方です

御法話を頂きました。飼っておられた鶏が狐にやられ、その「供養」したお話など聞かせて頂きました。ちなみにその鶏の名は「ピーちゃん」だったらしく、法名付けるとき

ぴと言う文字が思い浮かばなく皮という寺の右上に丸を付けようかとも考えられたそうです。それではおかしいので皮丸・・・結論は「陽丸」で落ち着いたそうですが、こんな皮の字が入っていたらうちのメニュー「鶏皮焼き(¥350)」注文受けるたびに合掌せなあかんやないの~

んで昼からのお勤め・・中々・・有難いこってす帰宅して一息つく日まもなく今から店に入ります・・・

天候とオミクロン・・・んで独り言

この正月は雪でちょい大変でした。

このように現在の躰光寺の麦畑を写してみたのですがもの凄く田舎に見えるなあ~

オミクロン株、このまま広がり続けたらまたこの場所が接種会場になるのかなあ~話変わるがたまに「お宅のスモークチキン、見た目の色鮮やかさに欠けるとのご意見いただく事があります。当店の場合使っている材料は塩、玉ねぎ、にんにく、三温糖、月桂樹の葉のみで、燻す時も3時間ほどかけて燻し、科学的な物(発色剤)は一切使っていないが故に鮮やかな色ではないんです。で、鮮やかな色にするもの・・・

市販のハムです。この製品に含まれる

亜硝酸ナトリウムなどがいわゆる「発色剤」として使われていたりします。こうした時間短縮の「決め技」持たない私は日がな1日頑張って燻したりしても知れている本数なんです。

この会社、昭和時代「林一雄商店」という名で設備関係の管材など手広く扱われていました。今現在はとてつもなく大きく設備材料販売卸のみならずいろんな分野に手活躍されています。設備屋にいた頃大津のとある現場でこの会社から仕入れる話を横で聞いていた京都の職人さんが「それって・・無駄を買う・・の会社か?」と聞かれ????だったのを思い出しました。それ・・ラジオのCMでおなじみだった村田秀吉商店なんやがなあ~

会社の看板描かれてあるのでもこうしたのは私・・分らんのです。また、私の友人はどうも英語も含めお勉強が苦手だったようでこの間も「その答えは・・ソリューションっ!」その答えは・・答え・・はぁ~これでは「真夜中の~っ!ミッドナイトっ!」と言ってるのと変わらないじゃないの・・・

もう通常業務

みなさん昨日あたりあら通常業務に入られていることと思います。

気温2度。体の慣れって怖いものでひと月前なら「あ~寒っ!」って言っていたのに・・・

甲良町付近。雪の残り具合から見てかなりここらも積もったんだなあ~と思いました

こうした機械つかって歩道を歩きやすくして下さっている方には感謝ですね

ちょい仕入れを

金属類扱う会社の方で(※この写真の会社ではない)のですが湖北方面にくず鉄から一代で金属類処理加工の会社を大きくなされた方と随分昔お話しすることがありました。一度聞いてみたかったことで「昔子供が磁石を引きずりそこらを歩いて買い取りの店(会社)にて磁石についた金属(主に釘)を買い取って貰っていたって本当ですか?」と伺ったことがあったんです。話しに聞くが私たちはそれを見たことがないとの事でした。ちなみに昭和6年生まれの実父も同じく「話しに聞くがしていた人(少年)を見たことない」でした・・・

ガソリン価格。高値安定してしまいましたね

友人や友人のお父さん方、「電電公社時代はよかった!」と口々に言われます。旧国鉄関係者の方もそう言われます。ノスタルジック好きのじじいの私ですが意外と国鉄や電電公社など民営化して良かったんじゃないかと思っています。随分昔、彦根の実家の近所の人で電話取付けて貰うのに当時は順番待ちでそれこそ取付けるときに電電公社の職員さんなどご馳走してもてなしたってな時代があったと聞いています。また、電話の「権利」ってなのがありMフクさんなどその権利を担保にお金貸す会社まであったくらいですから・・・また、NTTになって間なしに電話機「ハウディレポンス」が故障したのでNTTに問い合わせたら「使い方に問題があるんちゃうか?」と言われてそんでしまいでした。国鉄でも身分は国家公務員で家族は電車賃ただ・・・安定しすぎる組織・・・羨ましさも手伝って民営化したとき何だか彼ら・・これからどうなるんだろう?と妙な心配したことを思い出しました

牛丼屋さんの後に出来たタンメン屋さんです。

日電硝子さん

何を運んでおられるのかな~昔彦根のアルミ工場でアルバイトしていたときボーキサイトが運ばれてきたのを思い出しました。先ほどの会社の高月にある工場で「珪砂(けいしゃ)」が運ばれてきていたのを記憶しています。高月工場ではブラウン管(また懐かしいワードですな)が出来、その表面を洗浄する機械据え付け作業したことがありました。WMなんとかと言う機械、当時所属していた会社の凄腕N山さんが設計施工設置した機械でした。時は昭和59年・・・